Tp200

Tp200と母の滴プラセンタEX 買うならどちらを選ぶべき?

更新日:

Tp200と母の滴プラセンタEX 買うならどちらを選ぶべき?

どちらも効果が実感できます。
Tp200と母の滴プラセンタEXは、馬プラセンタとして甲乙つけがたい商品です。
馬プラセンタはなにしろ高価ですので、毎月買い続けるのは経済的に大変と思われるかもしれません。ただ、それは昔の話。確かに、以前はあまりに高すぎて毎月の購入など余裕のあるお金持ちに限られていましたが、今では、豚プラセンタよりも安価で高い品質を持つ馬プラセンタも出てきました。
プラマニ栞が試してみた結果、Tp200と母の滴プラセンタEXは、どちらも効果が実感できます。
効果とコストパフォーマンスを天秤にかけて、最も高得点を叩き出したのが、サラブレッドプラセンタTp200と母の滴プラセンタEXの2つなのです。
購入するならこの2つのどちらか、ということになりますが、「どっちを選べばいいの?」と迷ってしまう人が多いでしょう。この場合、選ぶポイントとなるのは、馬の産地、プラセンタエキス末(純末・原末)の分量、そして値段の3つです。
これからプラマニ栞が、Tp200と母の滴プラセンタEXの2つを比較・検証してゆきます。どちらにしようか迷っている方、ぜひ以下の文章を読んで参考にして下さい。

サラブレッドプラセンタTp200の長所と短所

良い製品をなるべく安価で
サラブレッドプラセンタTp200の優れた特徴としてあげられるのは、何といっても原料として国産の馬を使っているところです。確かに他にも国産の馬を使ったプラセンタサプリは結構あるのですが、コストパフォーマンスという点から見れば、サラブレッドプラセンタTp200に匹敵するものはありません。
一方、母の滴プラセンタEXはメキシコ産の馬を使っており、原料費はその分安くなっています。さすがにTp200はそれに比べると少々高めの値段設定にならざるを得ません。しかし、いくら少々高めといっても国産の馬を使用している点で安心感がありますし、しかもその中では最安値を誇っています。企業努力は明らかですし、好感度もその分上がります。メールでの問い合わせに対しても丁寧な対応で、その優れた企業体質が現れている感じです。
ただ、「良い製品をなるべく安価で」という方針から人件費などの無駄なコストを省いているため、24時間365日の対応にはなっていません。月〜金の10時から17時までが電話での問い合わせ時間です(もちろん、メールはいつでも大丈夫です)。発送に関しても土日祝日は行っていませんから、購入する時は注意すべきでしょう。

母の滴プラセンタEXの長所と短所

まず指摘したい母の滴プラセンタEXのメリットは、コストパフォーマンスが抜群だということ。
サイタイエキスが加えられたことで、効果もアップ。乾燥したお肌が潤いを取り戻すのを早く実感できるはずです。
母の滴プラセンタEXは、2016年9月、4度目となるバージョンアップを実施。それに伴い、定期購入コースを導入しました。それまではまとめ買いをするか、毎月毎月購入手続きをする必要があったのですが、ようやくそんな面倒な手間もなくなったわけです。これで「注文するのを忘れた」という悔しい事態になることもありません。

結局、どっちを選ぶのが正解?

種類が多すぎて選択するのが大変
サラブレッドプラセンタTp200、母の滴プラセンタEXの両方とも、酵素分解法&フリーズドライ製法でプラセンタを粉末にしています。これがプラセンタを高品質に留める最良の方法です。プラセンタは高温に弱いので、熱を加える製法だと有効成分が破壊されてしまうのです。製法という点で両者とも優秀と言えます。

結局、サラブレッドプラセンタTp200と母の滴プラセンタEXとの最大の違いは、使っているのが国産の馬かメキシコ産の馬かという点です。

食品の安全性を考慮すれば、やっぱり国産の馬を使用したTp200が優れていると言えます。ただ、コストパフォーマンスを優先させれば、母の滴プラセンタEXを選んでしまいます。

この辺は、買う人それぞれが判断するしかないでしょうね。とにかく、プラマニ栞がプラセンタサプリを買う時は、Tp200か母の滴プラセンタEX、この2つの商品以外考えられません。
プラセンタサプリの種類が多すぎて選択するのが大変、という方、いかがでしたか? 以上の文章が参考になれば幸いです。

-Tp200

Copyright© 本当に効いた!Tp200の口コミ・効果 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.